フライヤー印刷でチラシを大量制作~魔法の広告媒体~

3人の女性

手提げ袋 を使う

手提げ袋

手提げ袋は広告媒体として、高い効果があるといわれています。そのため企業でも手提げ袋を大量に作成して、配布することも少なくありません。それを配布された側も手提げ袋は袋として使えるため、使い勝手にこまることはありません。ロゴマークや企業のマスコットキャラを手提げ袋に印刷して、それを配布することで、その手提げ袋を見た人に宣伝することができるのです。手提げ袋は大量に作成するとなるとコストがかかります。一般的に紙や布により作成されることがほとんどですが、布で作るとコストが高くなる傾向にあります。発色が良いといわれるのは紙袋ですが、紙袋だと水に弱いことから使い勝手が限られるため、広告媒体としての効果は弱いといわれています。

どのような手提げ袋を作成するにしても、その手提げ袋を活用する目的を立てることが大切です。企業の宣伝として活用するという目的はもちろんですが、どのような時に配布するのか、どのように使ってもらいたいのか考えて作成することでデザインやサイズが決まりやすくなります。使いやすい手提げ袋なら、広告媒体としてもかなり高い効果を期待できるといえるでしょう。手提げ袋を通販で買うことも可能です。デザインやサイズを指定できるため、かなり企業の意見にそった手提げ袋が用意できるでしょう。どのような手提げ袋にするといいか企業で話あって決めることが大切です。手提げ袋に印刷できるデザインは特に指定がないため、ロゴマークとキャラクター両方を印刷するのもいいでしょう。